認定こども園について

本文にジャンプします
認定こども園について

認定こども園案内

入所案内

月形町認定こども園「花の里こども園」

 花の里保育園は、平成28年4月から幼稚園の機能を備えた認可保育所「花の里こども園」となり、保育を必要としない子どもについても利用できるようになりました。
 利用を希望される際には、保育の必要性の認定を受ける必要があります。
 「保育の必要性の認定」については、子ども・子育て支援新制度をご覧ください


花の里こども園の概要

 類 型:保育所型認定こども園 

 定 員:80名(生後、満6月から小学校就学前までの子どもを対象)

 休園日:12月31日~1月5日、日曜日、国民の祝日、1号認定(教育)のみ土曜日休日

 場 所:月形町46番地1
   電 話:0126-37-2155

利 用 時 間

  利用時間は、保育の必要性の認定を受ける際に決定される「保育の必要量」により次のように異なります。

認定区分

保育の必要量

教育・保育時間

1号認定

教育標準時間認定

月曜~金曜

午前9時~午後1時30分

2号認定

保育短時間認定

月曜~土曜

午前7時30分~午後3時30分

午前9時30分~午後5時30分

保育標準時間認定

午前7時30分~午後6時30分

3号認定

保育短時間認定

午前7時30分~午後3時30分

午前9時30分~午後5時30分

保育標準時間認定

午前7時30分~午後6時30分

保 育 料

 1号認定の場合の保育料はこちら

 2号・3号認定の場合の保育料はこちら

申込に必要な書類

○「1号認定」(教育)による入所申込の場合

・認定こども園入所申込

・施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書

・市町村民税課税(非課税)証明書

(1月1日現在、月形町に住民登録がなかった方のみ)

・国民年金の障害基礎年金等の受給を証する書類の写し

(子どもと同一世帯に年金受給者がいる方のみ)


○「2号認定」および「3号認定」(保育)による入所申込の場合

 上記「1号認定」(教育)による入所申込の場合に加え、「2号認定」及び「3号認定」(保育)による入所希望者は、次の区分により、保育の必要性がわかる書類(保護者それぞれ1部)の提出が必要となります。

保育を必要とする理由

保育の必要性がわかる書類

1月48時間以上仕事をしている場合

雇用証明書又は就労証明書

出産をする場合

母子手帳又は出生届

病気、負傷、心身障害などの場合

診断書又は障がい者手帳の写し

同居親族が病気のため、常時介護が必要な場合

介護保険被保険者証の写し等

求職活動をする場合

求職登録証ハローワークカードの写し等

学校、専修学校、職業訓練校等へ在学する場合

在学証明証の写し等

  

申込先

 保健福祉課地域福祉係(保健福祉総合センター内)

 入所申込書等が必要な方は保健福祉課地域福祉係まで連絡願います。

 

特別保育事業

   花の里こども園では、次に掲げる特別保育を実施します。

 利用の際には、申請が必要となります。(料金等は、子どもの年齢により異なる場合がありますので、保健福祉課地域福祉係まで問合せください。)
 ○ 一時的保育~保護者の就労形態、傷病又は緊急、かつ断続的に保育に欠ける場合は、一時的に保育サービスを行います。

【利用料金】

区分  利用時間  利用料  利用時間  利用料 
乳児(0歳児) 

午前7時30分~

午後1時 

1,250円 

午後1時~

午後6時30分 

1,250円 
1,2歳児  1,000円  1,000円 
3歳児    700円    700円 
4,5歳児    600円    600円 

 ○ 時間延長型保育~保護者の就労形態、その他の事情により最長午後7時30分まで保育時間を延長することができます。(2号認定、3号認定に該当する子どもが対象となります。)

【利用料金】

区分 

延長時間 

利用料 

保育標準時間認定  午後6時30分~午後7時30分  100円 
保育短時間認定 

午前7時30分~午後6時30分

の間に設定時間を超えた場合 

100円 
午後6時30分~午後7時30分  100円 

 ○ 預かり保育~保護者に事情により最長午後6時30分まで子どもを預かります。(1号認定に該当する子どもが対象となります。)

【利用料金】

利用時間  利用料 
午後2時30分~午後6時30分  1時間あたり100円 

  

子育て支援センター「みどりのたね」

 地域全体で子育てを支援する基盤の形成を図るため、子育て家庭の支援活動の企画、調整、実施を行う子育て支援センターを月形町認定こども園「花の里こども園」に併設します。

 ・育児不安などについての相談指導

 ・遊び体験支援事業

 ・子育て支援情報誌の発行