日記

本文にジャンプします
日記

2015年10月29日

 月形町樺戸博物館名誉館長の熊谷正吉さんが、北海道文化財保護功労者として表彰され、1029日、表彰の報告のため、私のところにおいでくださいました。

 熊谷さんは、北海道行刑資料館(現在の月形樺戸博物館)が開館される昭和47年よりもさらに前の昭和30年代に、月形町の歴史を伝えるための貴重な資料を収集し始め、整理、展示、保存に努められました。当時は町民の方から資料の寄贈があった際には、その都度新聞に掲載してもらい、そのおかげでたくさんの資料が収集できたことなどを話してくださいました。熊谷さんが資料を収集してくださったからこそ、今の月形樺戸博物館があり、月形町歴史文化の振興発展に今なお尽力されております。

 また、自らの記憶と地域住民からの話を基に「樺戸監獄夜話」、「樺戸監獄」、「行刑のまち月形の歴史」を刊行し、歴史資料を町内外に広く発信されました。平成16年からは樺戸博物館の説明員として、月形町を訪れた方に対し、月形町の歴史を広く周知していただいております。

 以上のような功績が評価され、今回表彰されたことは、誠に喜ばしいことでありますし、熊谷さんにはこれからも益々お元気で、月形町歴史の語り部として活躍していただきたいと思っております。

 熊谷さん表彰おめでとうございます。

熊谷さん写真 

2015年10月29日 | コメント(0)

2015年10月23日

 1022日から23日の日程で、本町の町名の由来となり樺戸集治監初代典獄の月形潔氏の生誕の地であります、福岡県中間市から、松下市長ご夫妻、堀田議長をはじめとする市議会議員6名と市職員2名が来町されました。

 22日は、本町議会議員のみなさんも交え、交流会を行い、翌日は月形樺戸博物館や円山杉林、囚人墓地、皆楽公園などを見学されました。

 現在中間市では、月形潔氏の記念碑建設が計画されておりますが、松下市長からは、月形潔氏を縁として月形町と中間市が末永く交流できればとお話をいただきました。

福岡県中間市市長・市議会議員訪問

2015年10月23日 | コメント(0)

2015年7月21日

 6月11日に行われた南空知中学校陸上競技大会の女子砲丸投げの種目で優勝した齋藤百花さん(月中3年)が、私のところへ報告に来てくれました。
 齋藤さんは7月27日から開催される北海道中学校陸上競技大会への出場が決まっており、「予選を突破し決勝まで進みたい」と大会への抱負を話してくれました。

 空知の代表として戦う彼女を心から応援しているところでありますし、ぜひ全道大会でも頑張っていただきたいと思います。

▼『太陽のように輝け』という意味を込め『陽』と書いた色紙を渡しました。

齋藤さんと松山教育長と私

2015年7月21日 | コメント(0)

2015年5月1日

 4月30日から5月1日にかけて、月形潔氏の生地である福岡県中間市を訪問し、「月形潔文庫」を贈呈してまいりました。
 この文庫は、樺戸集治監初代典獄月形潔氏のお孫様、篠原澄子様から頂戴したご寄付により作成させていただいた書架と10種の書籍です。
 中間市では、「月形潔文庫」を関連の記事や写真とともに、市の図書館に多くのスペースを取って設置していただいています。

 なお、「月形潔文庫」は、町内の図書館、交流センター、農業研修館及び高等学校にも設置しています。

松下市長と櫻庭町長
松下市長と櫻庭町長


月形潔文庫 
中間市図書館にて

2015年5月1日 | コメント(0)

2015年2月4日

スキー中体連全国大会出場報告

 
 月形中学校
3年生の竹内陽くんが、中体連スキーのジャイアントスラロームという種目で全国大会出場を決め、私のところに報告にきてくれました。

 竹内君は、全道大会のスラロームの種目では惜しくも転倒したものの、ジャイアントスラロームでは180人の選手が出場する中、12位という好成績を残し、昨年に続いての全国大会の切符を手にしました。

 攻めきれなかったという昨年の全国大会の雪辱を果たすべく、竹内君は「転倒を恐れず攻めの滑りで10位以内の入賞を目指す!」と力強い言葉で私に目標を語ってくれました。

 23日から全国大会の行われる青森県に入り、7日に滑走するそうです。

 本人のたゆまぬ努力が実を結び、全国大会に出場となったわけですが、人口3600人の町から全国大会で活躍する生徒が生まれるということは大変喜ばしく、そして大変誇らしく思うところであります。

 竹内君の全国大会での活躍を祈り、そして良い報告を待っています

2015年2月4日 | コメント(0)