日記

本文にジャンプします
日記

 10月24日、標茶町釧路集治監無縁物故者合葬碑慰霊法要に参列して参りました。

 月形町に樺戸集治監が設置されたのは明治14年、その後、空知集治監(現・三笠市)、そして北海道で3番目となる明治18年に標茶町に釧路集治監が設置されました。初代典獄は樺戸集治監の3代目でもある大井上輝前氏であり、樺戸同様に道路開削や農地開墾のほか、教育にも尽力し北海道東部の開拓に努めました。

 前日までの荒天が信じられないほど澄み切った青空に恵まれた法要当日、標茶町長はじめ、法務省、関係刑務所長など30名ほどが参列し執り行われましたが、改めて、集治監が北海道開拓にもたらした多大な功績を再認識いたしましたし、北海道で数少ない集治監が設置された町同士、良好な関係を継続していきたいと感じました。

 標茶町長及び職員の皆様はじめ釧路刑務支所の皆様ありがとうございました。


標茶町釧路集治監無縁物故者法要1 標茶町釧路集治監無縁物故者法要2

2017年10月25日 | コメント(0)

 9月1日、月形町篠津山囚人墓地において、平成29年度樺戸監獄物故者追悼式を執り行い、上野・札幌高等検察庁検事長、浦本・北海道公営企業管理者、大橋・法務省矯正局大臣官房審議官、和泉・北海道開発局長をはじめ、170人を超える多くの方々にご参列いただきました。
 本追悼式は、月形町の始まりである樺戸集治監の設置に伴い、北海道の開拓に従事し、殉じた監獄職員並びに無念の生涯を終えた囚人たちに対し、敬意と哀悼を捧げるため毎年開催しています。
 私にとって町長就任後、初めて主催となる本追悼式となりました。当日はお忙しい中にもかかわらず、大勢の皆様にご参列いただいたことについて、改めて樺戸監獄が北海道開拓にもたらした功績を感じましたし、本追悼式を絶やすことなく恒久的に伝えていくべきものと誓いを新たにしたものです。
 ご参列いただきました皆様、ありがとうございました。
 北海道の開拓史と樺戸監獄、月形町との結びつきについて少しでも興味がありましたら、ぜひ本町にお越しください。皆様のお越しを心よりお待ちしております!

 月形町物故者追悼式1  月形町物故者追悼式2

2017年9月11日 | コメント(0)

 6月2日に東京都で開催された「全国刑務所作業製品展示即売会(第59回全国矯正展)」において、安倍晋三首相が月形町の特産品のトマトジュース「まんまるトマト」を試飲されました。
 平成26年度から、町内のまんまるトマト製造工場では、出所の近い月形刑務所受刑者の刑務作業を受け入れています。その関係もあり今回展示即売会にまんまるトマトが出品されました。
 まんまるトマトを飲んだ後、安倍首相からは「おいしい」とのコメントをいただきました。
 まんまるトマトは素材そのままを使った無添加のジュースで、無添加だからこそ月形の水や土、人の思いといった月形の恵がトマトジュースの味に出ていると私は思います。まんまるトマトを通して、これら月形の良さを全国へ発信し、ひとりでも多くの月形町をファンをつくることができればと思います。
 なお、安倍首相の展示即売会でのようすは、総務省のホームページでも公開されています。(このページに掲載した動画は、月形町に関する部分のみを一部抜粋したものです。)
 政府インターネットテレビ⇒http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg15481.html?t=104&a=1


2017年7月5日 | コメント(0)

 月形町共同募金委員会で製作した月形町のマスコットキャラクター「ベルデくん」とコラボレーションした赤い羽根共同募金ご当地ピンバッジの第2弾、2017バージョンが完成したとのことで、私も身に付けています。

 ご当地ピンバッジは、500円以上寄付すると1個進呈され、寄付額のうち製作費を除いた額が月形町共同募金に寄付され、町内の福祉活動のために使用されます。

 今回のデザインも昨年に引き続き町職員が考案したもので、ハートがデザインされてより可愛らしい出来映えとなっていますので、特に女性に人気がでるんじゃないかと思っております。

 募金にご協力いただける方は、月形町共同募金委員会(☎0126-53-2928)へご連絡ください。

 

なお、7月29日(土)・30日(日)に開催される月形町の一大イベント「つきがた夏まつり」でも、このご当地ピンバッジを用意する予定とのことで、会場にいらした際は、赤い羽根共同募金にご協力をお願いします。
  
私も身に付けています  2017バージョンのベルデくんバッジ
  ▲ベルデくんピンバッジ
 (2017バージョン)
 募金額500円以上で一つ進呈されます。
 限定500個だそうです。 

2017年6月30日 | コメント(0)

 グリーンツーリズムで大阪の高校生を受け入れていた大江健一さんが町長室を訪れ、生徒が制作したフラワーアレンジメントをプレゼントしてくださいました。
 グリーンツーリズムとは、農山漁村の自然や文化、人々との交流を楽しむ活動で、近年では、修学旅行にも取り入れられています。本町でも「つきがたグリーンツーリズム運営協議会」が母体となり、例年、大阪や兵庫などから多くの修学旅行生を受け入れ、農業はもちろん、月形町のPRにも大変良い機会となっています。
 このたびは、5月29日から30日にかけて大阪国際滝井高等学校の生徒8人が来町し、そのうち4人が花き農家の大江さん宅に宿泊し、農作業を体験しました。
 残念ながら頂いたフラワーアレンジメントを制作した出口希美さんにはお会いできませんでしたが、この花を見ていると、出口さんの人柄が出ているようで、とても心が癒され、改めて花の持つ力に気付かされました。これからも「花のまち」として、さらなるまちづくりを推進していきたいと思いますので、皆さんのご協力をお願いいたします。

GT写真


     

 

2017年5月30日 | コメント(0)