農業用ため池

本文にジャンプします
農業用ため池

農業用ため池の届出制度について

平成30年7月の豪雨など、近年、豪雨等により多くの農業用ため池が被災し甚大な被害が発生しています。

このため、決壊による災害を防止するため、「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」が制定されました。

農業用ため池所有者や管理者の方は、施設に関する情報を北海道に届け出ることが必要となります。

届出制度の概要、「特定農業用ため池」の指定、「農業用ため池」の公表については、

下記リンクから北海道のホームページにて確認して下さい。

・農業用ため池の管理及び保全に関する法律

・農業用ため池の適正管理に係るパンフレット

防災重点ため池

 防災重点ため池は、「今後のため池対策について(平成31年3月29日農村振興局防災課長通知)」に基づき、

ため池マップや緊急連絡体制の整備など避難行動につながる対策を講じるとともに、優先度に応じてため池の補強や

ハザードマップなどの対策を実施するため池である。

 「特定農業用ため池」の指定要件は、「防災重点ため池」の選定基準と同じ内容を規定しているところ、

特定農業用ため池は、本法第8条の「行為の制限」、同第9条の「防災工事の施行」等の規定の適用を受けるが、

「防災重要ため池」のうち、国又は地方公共団体が所有する農業用ため池については、国有財産法や地方自治法等の

法令に基づき適正に管理されることとなるため、「特定農業用ため池」の指定の対象外としている。

 なお、国又は地方公共団体が所有する農業用ため池も対策を講じていく必要があるため、「防災重要ため池」と

「特定農業用ため池」の用語は併存することとしている。

・防災重点ため池のため池マップ(月形町)