森林に関する届出

本文にジャンプします
森林に関する届出

森林の土地を取得したとき届出が必要です。

平成24年4月より、森林の土地の所有者となった方は取得した土地のある市町村の長への事後届出が義務付けられました。

〔届出対象者〕
 個人・法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方
 ※面積に関わらず届出が必要
 ※国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出をしている方は対象外
  (都市計画区域外:面積10,000平方メートル以上)

〔届出期間〕
 土地の所有者となった日から90日以内

〔届出先〕
 月形町役場産業課
 ※取得した土地のある市町村の長に提出

〔その他〕
 ・森林の土地の所有者届出をしない、又は虚偽の届出をしたときは、10万円以下の過料が課されることがあります。
 ・立木の伐採を行う場合は、町長に伐採及び伐採後の造林の事前届出、1ha超の林地開発を行う場合は、知事の許可が必要です。

森林の伐採には届出が必要です。

 ご自身で所有している山でも、森林を伐採するときは「伐採及び伐採後の造林の届出書」の提出が必要です。
 この制度は、森林の伐採や伐採後の造林が、月形町森林整備計画で定める基準に基づき適正に行われるよう届出するものです。
 
〔届出者〕
 ・森林所有者
  ※自ら伐採を行い(請負又は使用人を雇用して伐採を行う場合を含む)、伐採後の造林(天然更新を含む)をする場合
 ・伐採を行う者と伐採後の造林を行う者(森林所有者など)との連名
  ※森林所有者から立木を買い受けた者が伐採を行う場合など、伐採を行う者と、伐採後の造林(天然更新を含む)を行う者が異なる場合

〔届出時期〕
 伐採を始める90日から30日前まで

〔届出先〕
 月形町役場産業課
 ※伐採する森林がある市町村の長