先天性股関節脱臼検査

本文にジャンプします
先天性股関節脱臼検査

先天性股関節脱臼検査

◇先天性股関節脱臼とは?

生まれたときまたは生後数か月の間に、股関節が脱臼した状態をいいます。

最近では出生千人に2~3人と比較的まれですが、万が一見逃された場合、跛行(足を引きずって歩く)などの障害を残してしまうことがあります。



◇治療について

 早期発見が何よりも重要です。股関節が完成するのは生後7か月頃と言われますが、完成する前の、「やわらかい」状態のほうが、治りやすいためです。

 生後3、4か月までに発見された場合、オムツの当て方や装具などで股関節を正常な位置に保ち、脱臼を治癒します。一方、月齢が進むほど治療は難しくなります。生後7か月以降の股関節が完成し 固まってしまった状態では、治療が極めて困難になります。




◇検査について~レントゲン検査を行います

対    象:生後3か月以上のお子さん

場    所:月形町立病院(整形外科外来)

日    時:毎月2回土曜日の午前8時半から午前10時半

       その月により診療日が異なりますので、事前に病院にご確認ください。
       
費    用:無料

持参するもの:母子手帳

※保健センターから個別通知はしません。お子さんが3か月になったら受診しましょう。