歯科検診・フッ素塗布・フッ化物洗口

本文にジャンプします
歯科検診・フッ素塗布・フッ化物洗口
お子さんの歯をむし歯から守るため、町では下記のとおり歯科検診・フッ素塗布を実施しています。

◎12か月児、1才6か月児、2才児、2歳6か月児、3歳児
 実施内容 : 月1回の乳幼児健診時に、歯科検診とフッ素塗布(希望者)を行います。
        対象月に案内を送付します。 
 実施場所 : 保健センター
 自己負担 : なし
 持 ち 物: 問診票、母子健康手帳

◎3才児健診受診後から就学前のお子さん
 実施内容 : 年2回、乳幼児健診時に歯科検診、フッ素塗布を行います。
        対象月に案内を送付します。                                                    ※認定こども園通園児を除きます。
 実施場所 : 保健センター
 自己負担 : なし 
 持 ち 物: 問診票、母子健康手帳
 北海道と北海道教育委員会では、平成21年6月に「北海道歯・口腔の健康づくり8020推進条例」を制定し、全市町村でむし歯への予防効果が高いフッ化物洗口を普及させる取り組みを進めています。
 月形町でも平成29年度から花の里こども園と小学校でフッ化物洗口を実施しています。
フッ化物洗口とは
 フッ化物(フッ化ナトリウム)が入った低濃度の洗口液で、一定時間ブクブクうがいをするものです。
 全道の市町村でも、保育所や幼稚園、小中学校などの施設で実施され、対象集団全体の虫歯を予防します。
対象
 次のうち、保護者が希望するお子さんを対象とします。
 ・月形町認定こども園花の里こども園 年中児(4歳)と年長児(5歳)
 ・月形町立月形小学校1年生から6年生までの全学年
方法
 (1)フッ化物洗口液を口に含んでブクブクうがいをします。
 (2)1分間ブクブクうがいをして洗口液を吐き出します。
 (3)うがいの後は、30分程度は飲食をしないようにします。