妊娠したら

本文にジャンプします
妊娠したら

母子健康手帳の交付

 妊娠された方には母子健康手帳を交付します。母子健康手帳は妊娠中の定期健診や出産時の記録、生まれたお子さんの健康診断の記録などを記載する、大切なものです。
 交付方法:妊娠の診断をした病院から交付される「妊娠届出書」を、保健センターに提出してください。
母子

妊婦健康診査受診票について

<妊婦健康診査って何をするの?>
 妊婦さんの健康状態や、おなかのあかちゃんの育ちぐあいをみるため、身体測定や血液・血圧・尿などの検査をします。
 特に、貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの病気は、おなかのあかちゃんの発育に影響し、母体の健康を損なうことがあります。妊婦健康診査を受けることで、病気などに早く気づき、早く対応することができます。


<妊婦健康診査の助成について>
 妊娠届出時の妊娠週数により、最大14回の妊婦一般健康診査と、8回分の超音波検査の料金を助成しています。受診時に受診券を病院または助産所に提示してください。

 対  象:月形町に住民票のある妊婦さん
 方  法:母子手帳交付時と妊娠20週、妊娠30週頃に、母子手帳を持参のうえ保健センターに、来所してください。
来所時期  交付枚数 
 1回目 母子手帳交付時  妊婦一般健康診査受診券4枚
超音波検査8枚 
 2回目  妊娠中期(20週頃) 妊婦一般健康診査受診券4枚 
 3回目  妊娠後期(30週頃) 妊婦一般健康診査受診券4枚 
  
 ※転入された方は他市町村で交付された受診票を差し引いて交付いたします。
 ※月形町外の市町村に住民票を移した場合、この受診券は使用できなくなります。転出先の市町村からの助成を受けられる場合がありますので、転出先にてご確認ください。

妊娠、出産についての相談

 妊娠や出産に関することについて、何か心配なことや困りごと等ありましたら、お気軽に保健センターまでご連絡ください。保健師が対応します。