消防車両の変遷(昭和)

本文にジャンプします
消防車両の変遷(昭和)
消防ポンプ自動車


         1937年(昭和12年)
   

        フォード1936年型
 

消防ポンプ自動車


         1956年(昭和31年)
  第1分団配備   

        イスズ型
 

消防ポンプ自動車


         1965年(昭和40年)
  第1分団配備   

        トヨタ型ランドクルーザー
 

水槽付消防ポンプ自動車


         1967年(昭和42年)
     

        イスズ型
           (イスズ型消防ポンプ自動車を水槽付消防ポンプ自動車に改造、積載水
            2,000リットル)
 

小型動力ポンプ付積載車


         1973年(昭和48年)
  第1分団配備   

        三菱ふそう型キャンター
 

水槽付消防ポンプ自動車


         1973年(昭和48年)
  出張所配備   

        日野型レンジャー
            (積載水2,000リットル)

指令車


         1974年(昭和49年)
     

        日産型グロリアバン
 

救急車


         1975年(昭和50年)
     

        トヨタ型クラウンバン
           日本赤十字社より寄贈

小型動力ポンプ付水槽車


         1978年(昭和53年)
  支署配備   

        日野型ZM
            (積載水10,000リットル)

救急車


         1978年(昭和53年)
     

        トヨタ型ハイエース
           

小型動力ポンプ付積載車


         1980年(昭和55年)
  第2分団配備   

        日野型レンジャー2
 

小型動力ポンプ付水槽車


         1985年(昭和60年)
  第2分団配備   

        イスズ型フォワード
            (積載水4,000リットル)

消防ポンプ自動車


         1987年(昭和62年)
  第1分団配備   

        三菱ふそう型キャンター
 

指令車


         1988年(昭和63年)
     

        トヨタ型クラウンバン
 



    ページTOP          NEXT