日記

本文にジャンプします
日記

2016年12月20日

 12月19日、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手と新垣勇人選手が月形町の応援大使に決定した件について、両選手を引き当ててくれた今井龍治くんに感謝の気持ちを込めて、記念品を贈呈しました。

 記念品は、先日訪問いただいたファイターズ事務局より贈呈された応援大使のサイン入り色紙です。両選手の色紙を手に、とっても嬉しそうな今井くんに、「これからも野球も勉強も頑張ってください」と声を掛けましたら、「頑張ります。町長も頑張って月形町を引っ張っていってください」と励まし返してもらいました。

 来年1年間、応援大使と共に町を盛り上げるため、力を注いでいきたいと思います。

 

プレゼント贈呈

 

2016年12月20日 | コメント(0)

2016年12月9日

 12月9日、北海道日本ハムファイターズ北海道179市町村応援大使2017に月形町が決定した件で、球団職員の方が表敬訪問にいらしてくださいました。

 来年1年間、月形町の応援大使として活動してくれる大谷翔平選手と新垣勇人選手の等身大パネルや直筆サイン入りのユニフォームなどをいただきました。

等身大パネルやユニフォームは、町民の皆さんにも見ていただけるよう、庁舎1階の町民ホールで展示する予定ですので、ぜひご覧ください。

ファイターズ球団職員表敬訪問

2016年12月9日 | コメント(0)

2016年12月2日

12月2日、月形小学校で「感謝の集い」が行われ、私もお招きいただいたので行って参りました。

 全校生徒による八木節演奏から始まり、1年生から順に、総合的な学習の時間に学んだ月形に関する学びの成果を発表してくれました。

 どの学年も大きな声で元気に発表し、福笑いやお手玉など昔遊びを実際に体験できたり、施設見学でお世話になった方への感謝状を作成したり、写真や動画を交えて発表するなど、工夫した発表の仕方とその内容に感心しました。

 特に、月形町のまちおこしについてをテーマにした学年の発表では、皆さんが月形の良いところをたくさん感じてくれ、まちを盛り上げるための素晴らしいアイデアを考えてくれたことにたいへん嬉しく感激しました。

 皆さんが一生懸命考えてくれたアイデアを、これからのまちづくりの参考とさせていただきたいと思います。


昔遊び 発表 

2016年12月2日 | コメント(0)

2016年11月25日

 11月23日に札幌ドームで行われた、北海道日本ハムファイターズ北海道179市町村応援大使2017の抽選会で、月形町の応援大使が大谷翔平選手と新垣勇人選手に決まり、町中が歓喜に沸いています。
 抽選会は、18人の選手がカーテンから手だけを出し、市町村の代表者がその手と握手をして応援大使を選ぶという方法で行われ、月形町代表の今井龍治くん(月小5年)が大谷選手を引き当てました。
 抽選会後、今井くんは、大谷選手直筆サイン入りの「北海道179市町村応援大使2017月形町決定」と書かれたボードを手に、ツーショット写真を撮影したそうで、本日はそのボードを渡しに、町長室を訪れてくれました。
 カーテンから出た手を見渡して、一番右が大谷選手の手だと確信していたということで、単なる運ではなく、今井くんの観察眼が光ったというわけです。
 今井くんのお陰で私もいろいろな人からお祝いの言葉を掛けてもらっています。来年1年がとても楽しみです。
 渡されたボードは、役場庁舎内に飾りたいと思いますので、皆さんも見に来てください。


町長と今井くんと教育長

2016年11月25日 | コメント(0)

2016年8月18日

8月16日、福岡県の松本卓士(まつもとたかし)さんに、月形観光典獄を委嘱させていただきました。

松本さんは、現在福岡県のRKB毎日放送報道部副部長を務められ、10年前にRKB毎日放送が月形潔氏の取材をした時の記者でした。それ以後、松本さんは福岡県人が北海道開拓時代に名を残していることを九州で広められています。また、6月に中間市中底井野で行われた月形潔氏銅像除幕式にも参加されました。

松本さんは、月形町の歴史に深く感銘を受け、報道等で広く伝えられており、その活動に敬意を表し、今回観光典獄の称号を贈らせていただきました。

松本さんには二人のお子さんがおられますが、二人とも北海道にちなんだ名前で、そこからも松本さんの北海道に対する想いが感じられます。
月形観光典獄の松本さん

2016年8月18日 | コメント(0)