住宅用火災警報器について

本文にジャンプします
住宅用火災警報器について

住宅等に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました

新築住宅は既に設置が義務付けられておりましたが、既存住宅については平成23年6月1日から設置が義務付けられました。

消太

●なぜ、住宅に設置しなければならないか
 近年、住宅火災による死者数が急増しています。特に死者の半数以上が高齢者となっており、また、死に至った原因の約7割は、逃げ遅れとなっています。こうした状況のもと、火災の発生をいち早く知らせてくれる住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

●どのような住宅に設置するのか、またどこに取り付ければよいのか
 一戸建て住宅や自動火災報知設備が設置義務となっていない共同住宅に設置が必要となり、また、取付け場所は住宅の家族が寝室として使用する部屋と2階に寝室がある場合は階段にも設置が必要となります。

◆住宅の構造による設置場所の例
 【平屋住宅設置例】
設置例
 就寝の用に供する居室が1階
  に1室のみの場合

 【2階建住宅設置例】
設置例    設置例    設置例
  就寝の用に供する居室が          就寝の用に供する居室が           就寝の用に供する居室が       
   1階に1室のみの場合            2階に1室のみの場合             1階、2階に各1室の場合

◆設置上の注意
 【天井に設置する場合】
設置上の注意      設置上の注意      設置上の注意
 壁から                    はりから                エアコン吹出口から

 【壁に設置する場合】
設置上の注意
 天井から

●住宅用火災警報器はどういうものか
 電池を使用するタイプと、家庭用電源を使用するタイプがあり、火災などで発生した煙を感知して、音声又はブザーで住人に火災であることを知らせるものです。

住宅用火災警報器

 
 
日本消防検定協会のマーク ※国の基準に適合しているものには日本消防検定協会のマーク(下の図)がついてます。購入の際の目安にしてく
           ださい。

 
●設置した場合は
 
住宅用防災警報器等設置届出書(ダウンロードWord版:43KB)
 住宅用防災警報器等設置届出書(ダウンロードPDF版:95KB)
 をお近くの消防署に提出して下さい。なお、詳しくは消防署にお問合せください。

※悪質な訪問販売(不適正な価格・無理強い販売など)にご注意!
 
住宅用火災警報器等の設置義務化を契機として、不適正な価格(市場価格を超えるような高額価格)による販売を行う業者に注意して下さい。