「樺戸集治監」北海道遺産に決定!!

本文にジャンプします
「樺戸集治監」北海道遺産に決定!!

「樺戸集治監」北海道遺産に決定!!

 
 平成30年11月1日、北海道遺産第3回選定において、樺戸集治監(月形町)が釧路集治監(標茶町)、空知集治監(三笠市)、網走監獄(網走市)、十勝監獄(帯広市)とともに、「北海道の集治監」として、北海道遺産に選定されました。

 北海道遺産とは、次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれるものです。今回の選定理由として、樺戸をはじめとする「北海道の集治監」の過酷な囚人労働が北海道開拓の礎となったことなどが挙げられました。

 月形樺戸博物館では、樺戸集治監の開から廃までの歴史や、道路開削に関わる実物の資料をジオラマなどを用いて、わかりやすく展示・再現しています。
 
  【月形樺戸博物館】
 ○住 所:月形町1219番地
 
 ○開 館:4月~11月(無休)
      午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)

 ○休 館:12月~3月(冬季休館)

 ○入館料:一般300円、高校大学生150円、小中学生100円
      ※10名以上の場合は団体割適用(50円引き)

 ○電 話:0126-53-2399(博物館受付)
      0126-53-2322(閉館期間中は月形町役場産業課)