風しんの追加的対策(成人男性の風しん抗体検査・予防接種)

本文にジャンプします
風しんの追加的対策(成人男性の風しん抗体検査・予防接種)
 関東地方での風しんの患者数が増加しており、患者の中心が30~50歳代の男性となっています。
 この年代(昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれ)の男性は制度上風しんの公的な予防接種を受ける機会がなかったため、風しんの抗体の保有率が女性や他の年代の男性に比べ、低くなっていることから、今後の風しんの発生及び蔓延を予防するため、国の施策として2022年3月31日までの3年間の間、風しんの追加的対策(成人男性の風しん抗体検査、風しん予防接種)を行うこととなりました。
 
 対象の方には無料で抗体検査をできるクーポン券を送付いたしますので、抗体検査を受けていただき、十分な風しん抗体がないことが判明した方には風しん予防接種を行います。

詳しくはこちらをご覧ください  厚生労働省のホームページ

≪対 象≫
・昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれ
 
(昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの方で今年度に抗体検査を希望する方は、クーポン券を発行しますので、保健センターにご連絡ください。)

≪受診方法≫
1)保健センターからクーポン券を送付します。
 (クーポン券は5月中旬頃に送付します。)
2)クーポン券を持参し、以下の場所で抗体検査をします。(料金は無料です)
 
(1) 職場の健康診断で受ける
   (事前に職場で健診のときに抗体検査ができるかご自身で確認してください。)
 (2) 月形町立病院で受ける(事前予約が必要です。)
 (3) 町で実施している住民健診で受ける(事前予約が必要です。)
   町で実施する住民健診は7月17日、10月16~18日、29~30日、11月8~9日、平成32年2月14日に実施します。

 (4) 本事業に参加している町外の医療機関で受ける。
   
  
抗体検査が受けられる町外医療機関はこちらで確認してください
  
 ➡厚生労働省のHP
3)抗体検査の結果、抗体価が低い場合、予防接種をします。
  
*抗体検査を実施せずに予防接種をすることはできません。
  
  予防接種を行う際は抗体検査クーポン券に同封された予防接種クーポンを使用してください。