心肺蘇生法 ・ AED

本文にジャンプします
心肺蘇生法 ・ AED
意識の確認

傷病者の耳元で「大丈夫ですか」と呼びかけながら肩を軽くたたき、反応を確認します。

 

助けを呼ぶ(119番通報) 

意識がなければ大きい声で「救急車をお願いします」と助けを求めます。
さらに「AEDをお願いします」と依頼します。

 協力者が誰もいない場合は119番通報を優先します。

 

気道確保

片手を額に当て、もう片方の人差指と中指の2本をあご先に当てて、あご先を上げます。

 指で下あごの柔らかい部分を強く圧迫しない。

 

呼吸の確認

気道を確保した状態で頬を傷病者の口、鼻に近づけ10秒以内で胸、腹部の上下の動き、息の音、頬で吐く息を感じます。

 

反応はないけど、正常な呼吸をしている場合は?‥‥‥‥回復体位

 


下あごを前に出し、上側の手の甲に顔をのせます。
さらに上側の膝を約90度曲げて、体を安定させます。

 

 

 

 

 

人工呼吸

気道を確保した状態で傷病者の鼻をつまみます。空気が漏れないように傷病者の口を覆い、息を約1秒かけて吹き込みます。
同じ要領でもう1回吹き込みます。(人工呼吸2回)

 1回目の人工呼吸がうまくできなかった場合は再度、気道確保

 

胸骨圧迫(心臓マッサージ)

     肘を伸ばし、体重を利用し、胸の真ん中 (左右の乳頭の真ん中付近)を4~5cm押
     しつぶすように1分間に100回のリズムで30回絶え間なく圧迫します。

      ベッドやソファーに倒れているときは床面が硬く、平らな場所に移動させます。

 

胸骨圧迫と人工呼吸を継続

     

胸骨圧迫を30回連続して行った後、人工呼吸を2回行い、この組み合わせを救急隊に引き継ぐまで継続します。

 救助者が2名の場合は2分間(5サイクル)を目安に交代し、絶え間なく続けます。

 

AEDの準備 

心肺蘇生中にAEDが到着した場合はただちにAEDを使用する準備を開始します。
 ・ AEDのふたを開け、電源を入れる。
 ・ その後はメッセージに従い、操作する。
 ・ 衣服を取り除き、胸にパッドを貼る。
 
肌が濡れている場合はタオル等で拭く。
 アクセサリー等はパッドに触れないようにする。
 ペースメーカーが埋め込まれている場合は3cm以上離す。

 小児には小児用パッドを使用しますが、ない場合は成人用パッドを代用して下さい。

 

心電図の解析 

自動的に心電図の解析を開始します。
解析後、必要があればショックボタンを押します。

 電気ショックが不要な場合はただちに心肺蘇生法を再開します。

                 

心肺蘇生法の再開

電気ショックが完了すると「ただちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始してください」などの音声メッセージが流れますのでこれに従って、ただちに胸骨圧迫30回、人工呼吸2回の組み合わせを再開します。

 心肺蘇生法再開後、自動的に約2分後にAEDが心電図の解析を行います。           
                 

 

心肺蘇生法を中止するのは

 救急隊に引き継ぐ場合

  救急隊に傷病者の状況、実施した応急手当(心肺蘇生法)、AEDによる電気ショックの回数などをできるだけ伝えて下さい。

   AEDは自動的に心電図波形や加えたショックの回数等を記憶しています。

 傷病者が動き出す、うめき声を出す、あるいは正常な呼吸が出現した場合
   ただし、気道確保が必要になる可能性のため、傷病者を観察しながら救急隊を待って下さい。
   この場合でもAEDの電極パッドははがさず、電源も入れたままにしておきます

           このページの先頭に戻る