日記

本文にジャンプします
日記

 旧石狩月形駅舎にベルデくんと写真が撮れる「顔出しパネル」を設置し、私も早速写真を撮ってきました。

 JR札沼線が廃止となり、代替バスが運行していることから時代を繋ぐという思いを込めて、パネルの下部にはJ

R「キハ」、代替バス「とべ~る号」と「かばと~る号」を並べています。

 JR札沼線の思い出を噛み締め、沿線を運行する代替バスに乗って月形町へお越しいただき、ぜひ記念写真を撮っ

てください。

a

2020年7月31日 | コメント(0)

 6月29日にミニトマト(キャロル10)、赤肉メロン(北の女王)、大玉トマト(みそら64)、

7月1日に青肉メロン(月雫)、7月6日にスイカ(ダイナマイトスイカ)が初出荷となり月形町の

特産品の生産が本格的に始まりました。

 今年は雪解けが早く、春の農作業は順調に行われましたが、気温の低い日が多く例年並みの時期での

初出荷となったそうです。出荷した作物の出来はとても良好とのことでした。

 また、これから出荷を迎える作物も順調に生育しているようです。

 町長に就任して以来、毎年変わらず選果場できれいに箱詰めされたこれら自慢の農産物を見ることが

できること、またこれからたくさんの皆さんに召し上がっていただけるのだと思うと、とても幸せな

気持ちになります。

 月形町で生産されるすべての作物は栄養満点です。旬のものをたくさん召し上がっていただくことで

病気に負けない体づくりを目指しましょう。

 

2020年7月14日 | コメント(0)

 6月24日、株式会社鳥潟組に感謝状を贈呈しました。
 株式会社鳥潟組には、今年4月、月形学園から寄贈された「やすらぎの像」を認定こども園花の里こども園に移設するにあたり、急なお話を快く引き受けてくださり、コンクリート製の台座の制作と像の設置を無償で行ってくださいました。
 やすらぎの像は、認定こども園の花畑の中に設置された新しい台座の上に立てられ、花とこども達に囲まれて、心なしかうれしそうに見えるようになりました。
 鳥潟組の皆様、ありがとうございました。

感謝状贈呈写真

やすらぎの像


2020年6月24日 | コメント(0)

6月19日、新十津川町の「金滴酒造株式会社」が町内8箇所の福祉施設に甘酒の原料となる「酒粕」を贈呈してくださいました。
金滴酒造㈱は、新型コロナウィルスなどでの沈んだ気持ちを元気づけようと「にっこりプロジェクト」という取組みをされていて近隣の町々に「酒粕」を配布されています。
この日は名取社長、岡村営業・総務担当課長さんのお二人が来られ、それぞれの施設において元気が出るような交流を深めてくださいました。
今回このような温かいご厚意を受け、心から感謝しております。
金滴酒造㈱の皆様、本当にありがとうございました。

【贈呈された施設】
そらち生活サポートセンター、月形愛光園、つきがた友朋の丘
月形緑苑、月形藤の園、サトニクラス、雪の聖母園、月形町社会福祉協議会

月形愛光園での贈呈の様子

左から 名取社長 渡辺施設長    【月形愛光園にて】

2020年6月22日 | コメント(0)

2020年6月19日 朝の挨拶

 町長就任以来、毎朝、役場前で登校する児童生徒と挨拶を交わし、スクールバスに手を振って見送りを行っています。
 子供たちの元気な姿と、元気な声を聞いて、一日がスタートします。
新型コロナウイルス感染症対策によって、4月、5月は休校、分散登校でそんな子供たちの元気な姿を見ることができませんでしたが、ようやく今月になって、これまでの日常に戻ってきました。
 しかし、何か違和感を感じていました。
 そう、「マスク」です。
 今までは、子供たちの元気な声と笑顔を見ることができましたが、今はマスクで表情が見えにくくなっています。
 感染予防のため、マスクは必須アイテムですが、少し寂しい感じがしました。

 新型コロナウイルス感染症の影響はまだまだ続いています。感染予防のためにも「新北海道スタイル」に取り組み、皆さんが安心して暮らせるまちづくりを進めていきたいと思います。

 

2020年6月19日 | コメント(0)