日記

本文にジャンプします
日記

2015年7月21日

 6月11日に行われた南空知中学校陸上競技大会の女子砲丸投げの種目で優勝した齋藤百花さん(月中3年)が、私のところへ報告に来てくれました。
 齋藤さんは7月27日から開催される北海道中学校陸上競技大会への出場が決まっており、「予選を突破し決勝まで進みたい」と大会への抱負を話してくれました。

 空知の代表として戦う彼女を心から応援しているところでありますし、ぜひ全道大会でも頑張っていただきたいと思います。

▼『太陽のように輝け』という意味を込め『陽』と書いた色紙を渡しました。

齋藤さんと松山教育長と私

2015年7月21日 | コメント(0)

2015年5月1日

 4月30日から5月1日にかけて、月形潔氏の生地である福岡県中間市を訪問し、「月形潔文庫」を贈呈してまいりました。
 この文庫は、樺戸集治監初代典獄月形潔氏のお孫様、篠原澄子様から頂戴したご寄付により作成させていただいた書架と10種の書籍です。
 中間市では、「月形潔文庫」を関連の記事や写真とともに、市の図書館に多くのスペースを取って設置していただいています。

 なお、「月形潔文庫」は、町内の図書館、交流センター、農業研修館及び高等学校にも設置しています。

松下市長と櫻庭町長
松下市長と櫻庭町長


月形潔文庫 
中間市図書館にて

2015年5月1日 | コメント(0)

2015年2月4日

スキー中体連全国大会出場報告

 
 月形中学校
3年生の竹内陽くんが、中体連スキーのジャイアントスラロームという種目で全国大会出場を決め、私のところに報告にきてくれました。

 竹内君は、全道大会のスラロームの種目では惜しくも転倒したものの、ジャイアントスラロームでは180人の選手が出場する中、12位という好成績を残し、昨年に続いての全国大会の切符を手にしました。

 攻めきれなかったという昨年の全国大会の雪辱を果たすべく、竹内君は「転倒を恐れず攻めの滑りで10位以内の入賞を目指す!」と力強い言葉で私に目標を語ってくれました。

 23日から全国大会の行われる青森県に入り、7日に滑走するそうです。

 本人のたゆまぬ努力が実を結び、全国大会に出場となったわけですが、人口3600人の町から全国大会で活躍する生徒が生まれるということは大変喜ばしく、そして大変誇らしく思うところであります。

 竹内君の全国大会での活躍を祈り、そして良い報告を待っています

2015年2月4日 | コメント(0)

2015年1月26日

花の里保育園年長さん花の里保育園年長さん

 今日は、役場庁舎内の見学に訪れた花の里保育園年長さん10人が、私の部屋を訪問してくれました。
 皆さんとお話できたのは30分ほどと短い時間でしたが、希望の詰まった将来の夢を教えてもらいました。

名前 / 将来の夢
せんざき とくまくん / 消防士
まつうら けんたくん / バスの運転手 
ながい かほちゃん / アイス屋さん
ひがしで やまとくん / 消防士
まつうら ともかちゃん / ケーキ屋さん
のざき れんかちゃん / お嫁さん
まえだ こころちゃん / アイス屋さん
しもだ ゆうやくん / 科学者
ふじい けんしんくん / パイロットかペンキ屋さん
いとう かいくん / お寿司屋さんか町長

 どうか今後も、月形町で心身ともに健やかな成長を遂げてほしいと思うところでありますし、保護者の皆様、教職員の皆様、地域の皆様には、その成長を見守り、支えていただくよう、お願い申し上げます。皆さんが成長し、将来の月形町・北海道を担う「人財」となってくれることを心待ちにしています。
 皆さんの顔と名前は3月までにちゃんと覚えますので、卒園式のときは立派な姿を見せてくださいね。楽しみにしています!

2015年1月26日 | コメント(0)

2014年12月18日

矯正広報大使拝命委嘱状

 


 12月18日、法務省矯正局(東京都)を訪れ、月形観光典獄としてご協力いただいております西田局長より、「矯正広報大使(名誉典獄)」の役職を拝命いたしました。

 私は、町長に就任した平成16年以来、樺戸集治監やその囚徒たちなどに関する月形町の歴史的遺産を掘り起し、輝かせるための事業に特に力を入れてきました。今回、大使を拝命できたことは、その約10年間を評価していただいたものであり、感慨深く、また嬉しく思うところでありますし、同時に身の引き締まる思いでもあります。

 今回、広報大使に委嘱いただいたことは、町民皆様の矯正に対するご理解、ご協力あってのことだと考えております。昨年のことでありますが、月形刑務所の職業訓練の場として、月形町振興公社のトマトジュース工場に、服役者を受け入れていただきました。これが実現した背景には、トマトジュース工場で働く皆さんが、「月形町は矯正とともに歩んでいる町なのだから、出来るかぎり協力をしたい」と話してくれたことでした。このような矯正に対する寛大なご理解、その町民気質こそ、全国に自慢できる月形町の宝であると、私はそう自負しておりますし、その点において町民の皆様に、今一度感謝申し上げたいと思うところであります。

 拝命しました矯正広報大使は、「矯正」について広報・啓蒙する役割を担う役職です。集治監や刑務所など、矯正と深い結びつきのある月形町を併せてPRするには、最適の役職であると考えています。これをチャンスと捉え、今後も精力的に広報活動に取り組んでいく所存であります。

 広報大使の委嘱状は私の部屋に飾っておりますので、見てみたい方は是非お越しください。お待ちしております。

2014年12月18日 | コメント(0)