月形樺戸博物館

本文にジャンプします
月形樺戸博物館

4月1日オープン
月形樺戸博物館

 明治14年、現代日本の創世記のころ、佐賀の乱(明治7年)、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱(明治9年)、西南戦争(明治10年)など多くの内乱が発生しました。
 明治政府は、これら内乱で逮捕された人たちを国事犯・反乱分子として、隔離・収監する必要に迫られ、その地を北海道に求めました。
 こうして、アイヌの人たちが「川が合流する地点」(シベツブト)と読んでいた月形に、全国で3番目・北海道で最初の集治監「樺戸集治監」が建てられたのです。
 初代典獄(現在で言う所長)は、月形潔でこの方の姓からまちの名前になりました。

 この地は、背後にヒグマが生息する樺戸の山々を従え、全面にはとうとうと流れる原始の石狩川が広がる、逃亡不可能な自然の要塞だったのです。
 月形樺戸博物館は、樺戸集治監の開監から廃監までの39年間のあゆみを、豊富な資料でドラマチックに展示再現しています。

 
       ご利用案内 ●
  開 館 日  4月~11月(無休)
  開館時間  午前9時30分~午後5時00分
                        (入館は午後4時30分)
  休 館 日  12月~3月(冬期間)
  入 館 料   ○ 小・中学生       100円
           ○ 高校生・大学生    150円
           ○ 一       般       300円
             (団体10名以上は50円引きとなります。)
    住   所  樺戸郡月形町1219番地  地図はこちら 月形町へのアクセス方法
          ※町役場と同じ敷地内にあります。お車をご利用の方は、役場駐車場をご利用ください
           
 
電話番号  0126-53-2399(月形樺戸博物館)